骨格性下顎前突症

上顎が小さく、下顎が大きい

上下同時骨切術 および オトガイ形成

Before

スマイルクリニック |大分市 矯正歯科|症例

After

上顎骨劣成長および下顎骨過成長を原因とした骨格性下顎前突のため、上顎歯列の改善のため左右第1小臼歯の抜歯を行い歯列を排列し、下顎前歯部は著しい舌側傾斜のため、歯列弓を側方および前方へ拡大した。咬合の改善のため、上顎骨を前方へ約3ミリ延長し、下顎骨を約10ミリ後退し、オトガイ形成を行い側貌の改善を行った。入院期間は約2週間を要した。


治療の画像


頭部レントゲン

上下同時骨切り術+オトガイ形成を大分市内の口腔外科がある病院にて手術を受けた。入院は約2週間であった。

After

スマイルクリニック |大分市 矯正歯科|症例

治療計画


【術前矯正】

抜歯・・・

 上顎:左右第一小臼歯(4番)

 下顎:左右第三大臼歯(8番)

 

【外科手術】

上顎:前方移動

下顎:後退+オトガイ形成

 

+術後矯正

抜歯箇所

抜歯箇所イラスト

おおよその治療期間


動的治療期間(積極的に動かす期間)・・・3年半

保定期間(リハビリの期間)・・・2年

おおよその費用


健康保険適用

他の症例


下顎が小さい…小下顎症

永久歯が生えてこない…萌出遅延

受け口で噛み合わせが悪い…下顎前突

前歯まで噛み合わない…開咬症

色々な方向に歯が生えた…らんぐい

前歯が出て、出っ歯である…上顎前突

下顎が大きい…骨格性下顎前突症2